188149280_4009908645759370_1931268558557027623_n.jpg

インフルエンザワクチン

9月12日に厚労省から季節性インフルエンザワクチンの通達が出ました。通達は要するに、ちゃんと均等に分配して在庫を多量に抱えるなど在庫の調整をしっかり「すれば」不足はしないですよ、というもの。つまり在庫がギリギリですよってことです。

まったく困ったものです。流行の始まった12月下旬に在庫一斉配布しておいて、ハイ今年も足りましたし、余った分が廃棄されていますよ、というのがお役所の仕事です。もっとはやく株を決めて配布してください。現場が困ります。

今年もAが2種類、Bが2種類の4価ワクチンです。AもBも1種類ずつ昨年のワクチンから変更があります。特に昨シーズン大流行したB型(山形株、テキサス→プーケット)に対する効果はどうなのでしょうか?

閲覧数:161回0件のコメント

最新記事

すべて表示

詳しいことはよくわからないのですが、、本年は非常に供給が悪いです。幸い流行はしていませんので接種を慌てる必要はありませんが、当面の間は昨年当院で接種した方のみ受け入れています。接種希望の方はお電話でお問い合わせ下さい。当院へ定期通院のかたは予約不要です。供給が戻りましたらホームページ上でお知らせします。

11月12日より中学高校2年生の方へも予防接種を開始します。 この年代は「今の所」感染してもほとんどの方は軽症で、日本での死亡者は重篤な基礎疾患のあった1名だけです。 予防接種に関しては一般的な副反応(発熱、頭痛、筋肉痛、倦怠感)が強く出たり、CRPSと呼ばれる因果不明の障害が残ったり、針を刺されるという行為への恐怖と、そのあとの開放感から来る迷走神経反射も出やすい世代です(採血後や朝礼中に倒れち

新型コロナウィルスワクチンの案内が接種対象者に配布されています。今月配布される市報に案内が出るはずですので、案内があるまでお待ちください。当院かかりつけで接種を希望のかたはお電話にてご相談ください。現時点では当院で接種希望される方をカウントしている段階であり、接種日は未定かつ予約順ではありませんのでご了承ください。